ブログ

『われら牟礼西小学校』閉校記念誌

2018年01月31日

もうすぐ2月。いよいよ牟礼西小学校も残すところ2か月となりました。

授業参観の後、PTAと学校の先生方で地域のみなさまにお配りする、閉校記念誌の梱包の作業を行いました。

2年の時間を費やした閉校記念誌はとても素晴らしい冊子に仕上がっています!

高岡地区、西小学校の学区の皆様にお配りするのですが、約800部。PTAと区長さんの協力を得ながら2月中には皆様のお手元へ届くはずです。

 

梱包と地区の区分けを行ったのですが、高岡地区で一番多くの方がいる地区は100軒でなんと東高原区。

別荘地と言われる所に一番多くの方が住んでらっしゃるんですね。(笑)

これだけ多くの方がいらっしゃると、別荘地ではなく定住地。確かに西小学校の生徒も東高原区で持っているようなものでした。

閉校を機会に地域の見方も少し変えてみてはいかがでしょうか?

別荘地の方々で長い方は40年以上旧牟礼村から飯綱町となり住み続けています。それでも移住者扱い?

確かに先住民の方からすれば移住者かもしれませんが、子供達はここで生まれ育ちこの地のDNAを引き継いだ先住民です。

 

色々な意味で見直しの機会を頂いてるような。チャンスの時期に来ています。

東高原や霊仙寺湖(れいせんじこ)、霊山寺山(りょうぜんじやま)、いいづなリゾートスキー場、飯綱高原ゴルフコース

本来は烏(カラス)天狗のはずが鼻高天狗を崇める天狗の館

ネーミングやコンセプトが全て中途半端な場所はトータルコーディネートがしづらい場所になっています。

これを機に『本物』を目指せる場所に・・・

 

さて、西小学校の話題に戻しますが

西小学校の図面と写真です。

坂の途中にありますので高低差があり面白い形をしています。

また、体育館に行くには走っていい50Ⅿ廊下があります。

三澤スロープやリンゴの木(高坂林檎)田んぼ、裏手に川。校庭の下を通る川。

卒業生ではない私からするとワクワクする学校。ここで学んだ子供達や卒業生はとっても楽しかった事でしょう。

学校の跡地利用も・・・

今のような役場主導でやっているのでは『本物』の利用はできないのではないか・・・?

これまでの飯綱町の姿勢を見ている限りは・・・

補助金がある内だけの短期間ではなく10年20年50年100年を見据えた、この地の在り方を本気で考える時にきています。

閉校になる4月からどうしよと考えるのではなく、地域の声をもっと拾って欲しいそんな気がします。

10月上旬に行われる高岡神社秋季例大祭、今年は110回の記念すべき年。

毎年西小学校校庭で舞台を作り高岡神社のくじの最後の神楽が西小学校で舞うのです。

その時は各地区の神楽も集合しますので幻想的な風景が見れます。

そんな110年も続くお祭りに西小学校の利用がされてきたわけですから、こんどはお祭りを軸に西小学校の跡地を利用すると新たな展開が開かれるのではないでしょうか?

都会的なモノを求めるよりもこの地らしさこの地にあるモノをもっと活かしていく。

この地のあたり前はありがたい事と見方をちょっと変えてみませんか?

nishi

お問い合わせ・見学会のお申し込みはこちら
お問い合わせ・見学会に申し込みをする お電話でのお問い合わせ 0120-253-243

イベント
・見学会情報
物件情報 お問い合わせ
PAGE TOP